フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< December 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

天川管理釣り場2016年10月19日ぶら下がりフライでなんとか

JUGEMテーマ:フライフィッシング

天川管理釣り場

 

天川管理釣り場2016年10月19日釣行記を本家サイトにアップいたしました。

上の画像は当日の様子。紅葉はまだまだでした。

 

数日前から釣果はあまりはかばかしくなかったようです。(月齢がまずかったかも)

ぶら下がり系フライでバイトミスをかなり防げる様子。

 

詳しい記事をこちらでごらんください。→ 天川管理釣り場2016年10月19日

 

天川管理釣り場釣果

 

釣行記 | permalink | comments(0) | -

フライラインDT#2F(にしきたトレーディング)レビュー

JUGEMテーマ:フライフィッシング

にしきたトレーディングさんのDT#2Fラインのレビューです。

今回は商品レビューにあたり、フライラインのテーパーについて私自身が深く考えさせられることになりました。

私の場合、ホームリバーではラインとして#3、ニジマス用に沈める釣りを考えるときは#4のラインを使うのが通常の釣り。

今回は#2という初めての軽いラインのレビューとなります。

OIKAWAロッド1

新パッケージ

にしきたトレーディングさんのラインは今まで「箱なし」で合理的にリーズナブルという路線でしたが、今回のDT#2Fは箱付き(ボビンなし)という状態。

DT2Fラインパッケージ1

パッケージデザインはなかなか好感が持てる雰囲気となっております。裏側にはテーパーデザインなどのスペック、素材の解説などがあり、明らかに商品価値が上がっています。これは安さを売りにするより、実際に商品を手に取ったときに感じる「信ぴょう性」のようなことが格段にアップしているように感じます。

DT2Fラインパッケージ2

テスト条件

ライン:DT#2F(にしきたトレーディング)
ロッド:OIKAWA 6f #1(にしきたトレーディング)
リーダー:フィネッセ5X 8f (TIEMCO)
ティペット:6X 3f
フライ:CDCカディス#14

リールとライン

▲Capsのリール、テリア#3に巻いてこんな感じ。これはグラスグリーンというシックなカラー。古い人ならご存知!「エアセル」と似た雰囲気です。

キャスト感覚とテーパーについて

投げる感じは軽いです。にしきたトレーディングさんのDTラインで#1〜#4に関してはテーパー部が4mあり、これはかなり穏やかです。ですので、少なくともテーパー部のすべて4mをロッドから引き出してキャストしてもスペック上の重さを感じにくくあります。

ですので小渓流での近距離キャストを多用するときには、テーパー部の先の方だけを使うことになり、そのことを念頭に置いてライン(のウエイト)をセレクトすべきでしょう。普通に言えばにしきたトレーディングさんのDTのラインナップ(#1〜#4)では思っているより1段階重いラインを選ばれた方が実使用においては間違いがありません。

ただし、特別に緩めのテーパーのラインを廉価で欲しい、という方にはそのままの番手でウエイトを選ぶこともありでしょう。ちなみに、他に長めのフロントテーパーを持ったラインとしてはサイエンティフィックアングラーズの「スープラフィネス」が挙げられます。こちらのテーパー部は約4.6mとなります。(ただしこれを快適に使うにはロッドから選び直すことが必要かもです)

ウエイトフォワードという選択肢

にしきたトレーディングさんのラインナップとして「ウエイトフォワード」の方では#2〜#4でフロントテーパーが2mとまずまず一般的(ちょい長め)。ですので普通な投げ心地を望まれる場合にはウエイトフォワードの方を選ばれることもありでしょう。

ラインのウエイトを実測してみると

今までににしきたトレーディングさんのラインを合計4種類レビューしてきましたが、中でも今回のDT#2FとDT#3Fは特に軽く感じたため、それがどうしてなのか深く考えることになりました。そこで、もしやと思い簡易な方法ではありますが「ラインの重さを実測する」ということを試みました。

その結果、番手表示はどのラインも規格を完全にクリアです。となると、ラインの「軽さ感」はテーパーデザインによることではないかと結論付けられます。そして、にしきたトレーディングさんの長いテーパー部(すなわち軽い)は、ライン重量規格として「先端30フィートの重さ」に丸め込まれたというところ。それでも言えばまあ、テーパーが他の一般的なラインよりも長くゆるいということは、そこだけ見ても単純にラインの先端部からかなりの長さは「物理的に軽い」とは判断できます。

DT#2Fの使用感(ウエイト感以外で)

これはかなり「しなやか系」のライン。感触としては表面の手触りも含め、3M(サイエンティフィック・アングラーズ)に酷似しているが、今回の商品は#2という細さも手伝ってか3Mよりしなやかかもしれない。

リーダーとの相性

何せ、細くしなやかなラインなので、レギュラーなリーダーだとそれは太く固すぎるのではないかと。はっきり言って普通のリーダーのバットよりもライン先端の方がよほど柔らかいという感じ。普通のリーダーだと、これって何らかのアンバランス感覚あり。とてもではないですがTIEMCOのスタンダードなどはおすすめする気になれません。

そこで考えたのがリーダーにはTIEMCOの「FINESSE」を使うこと。このリーダーはとりあえず細い。このラインにぴったりくるのは私個人の持ち物としては今のところこのリーダーが最善ではなかろうかと。TIEMCOとしては3Mのフィネスラインにはこのリーダーがお勧めな感じで、にしきたさんのこのラインでも同じようなことが言えそう。

aklon_finesse1.jpg

浮きと水離れ

このラインは浮きはかなりよし。それに水離れもよし。これは以前レビューしたにしきたさんのWF6Fよりも良い。何がどう異なってそうなるのかわからないけれど、このラインの方がよほど良し。

さてさて、とりあえずこのラインが税込 1,880 円(送料別)。ウエイトの選択に少しばかり気を使うかもしれませんが、特に長めのテーパー(4m)を低番手で欲しい方にはお試しとしてもおすすめです。サイエンティフィックアングラーズのフィネスライン(テーパー長約4.6m)が気になる方は、まず最初ににしきたトレーディングさんのラインを使って見るべし。

お求めはこちらフライライン [DT-2F] フローティング ダブルテーパー

origin.jpg

フライタックルレビュー | permalink | comments(0) | -

フライロッド #1 OIKAWA 6レビュー

JUGEMテーマ:フライフィッシング

にしきたトレーディングさんの商品レビュー。

今回は6フィートの#1という軽いショートロッドです。今回はとりあえず試投編を。実釣はまたの機会に。

OIKAWAロッド2

▲立派なロッドケース付き 何でこの価格が可能かと思えるほど。

フライロッド #1 OIKAWA 6' 全体の雰囲気

このロッドは名前として「OIKAWA」とありますが、なんのなんの、普通にアマゴ、イワナに使える。むしろオイカワのようなサイズの魚ではまだオーバースペックかも。

OIKAWAロッド3

まずは大変仕上がりの良いロッドです。特にグリップは今時の廉価なロッドには珍しいほどにそこそこグレードが高いコルクが使用されています。

river peak のロゴマークなど現代的な雰囲気があります。

ロッドの継ぎ目ドット

▲ジョイント部のドットマークを合わせて継ぐ。ロッドのスペックが記入されているから他のロッドと混ざらない。

3ピースの接続はスリップオーバー。ドットの目印付きでガイドの位置合わせも簡単。これは通常、一部の中級クラス以上のロッドにしかありません。

OIKAWAロッドのガイド

▲この価格ではもしかするとありえないSICと思しきガイドリング

ストリッピングガイドのリングはスペックに記述はないもののSiC(シリコンカーバイト)ではないかと思われます。これも1万円を切る廉価なロッドでは珍しいものでしょう。

リールシートはグリップ部のコルク一体型で一般的なダウンロック。#3以下のラインを乗せる軽量なロッドでは一般的なもの。

素振り感としてはフライロッド一般として最もありげという感触。素直でクセがなく、そこそこに胴も曲がる(フライロッドらしい)レギュラーテーパーという感じ。過去にレビューした7'6"#3よりも「普通感」が強いです。ひと口に言えば「ああ、これは扱いやすいアクションだ」。

フライロッド #1 OIKAWA 6' 実投編

例のごとく大阪淀川河川敷でテスト。本日は少しばかり風が強く、むしろ風に対するテストに良い日かも。

淀川のテスト現場

このロッドに対してレビュー用に届けられたラインはDT#2F。ロッドのスペックとしては#1ですが、ロッドの素振り感としては確かに#2以上な感じ。この辺り、にしきたトレーディングさんの判断が働いていると思われます。(ラインのレビューは次回に)

さて、この軽い#2ラインは私自身として生涯初めてとなります。

OIKAWAロッド1

▲ロッド実投テスト用キットを用意している。(フェルールワックス、フロータントなど)

ライン:DT#2F(にしきたトレーディング)
リーダー:FINESSE 8f 5X (TIEMCO )
ティペット:6X 3f
フライ:#14 CDC カディス

今回は擬似フライに「ヤーン」を使用せず、より実釣に近づけるためにCDCカディス(フックのベンド部以降をカットしてトラブル対策)を結ぶ。(CDCを使ったフライはキャスト中に意外に空気抵抗が少ない)

CDCカディス

▲テスト用フライに#14のCDCカディス。リールはCapsのテリア。これはフルーガーをもっと簡単にしたようなリール。

まずはフォルスキャスト。いやー軽くて軽くて最初は自分が何をしているのかわからないほど。風も強めなことと相まって正直言って「ラインの乗り」がわからない。

「これはかなり繊細に感覚を研ぎ澄まさないといけないなあ」そう言う思いが頭をよぎる。

ただしこれに関してはラインのテーパーなども関係すること。まずはキャスティングそのものに話を絞ろう。

さて、少しフォルスキャストをしながらロッド長の2倍程度のラインを出したあたりからなんとなく投げている感触がわかるようになる。あ、むしろ長めにラインを出しておいた方が「乗り」が分かりやすいのだろう。(これはまさしくラインのテーパーとの相性と思われる)

さてこれでロッド長6フィート、出しているライン12フィート、リーダー8フィートで合計26フィート向こうにはフライを届けられることになる。もう実釣の実用距離は十分にカバーしているわけだ。

ロッドの用途としては、オイカワというよりも源流部のような小さな流れでほとんどピンスポットにフライを置くような釣りに向いているだろうか。ただし、使用ラインの軽さから沈める釣りに使うにはちょっと勇気が必要そう。(しかし実際のところ#3ラインでも使えると思う)

また、ラインと相まってか全体的にかなり繊細なことになる。それなりに距離も出るので開けたところでも使えるだろうが、風の影響を考えると、そこそこにはキャスティング能力が問われそうだ。

さて、このロッドの特徴として全体的に優等生的なレギュラーテーパーではあるが、ブランク中間あたりはラインを「押せる」強さが十分にある。これは細かいロールメンディングを入れるには必要な能力で、流れが強めなところで対岸にある「巻き」を釣るときなどは武器になると思う。

最後に、このロッドの少し特殊な軽く短いスペックから、使用はかなり限定が働くと思われます。仕舞い寸法で65cm程度と、源流部への釣行にも持っていけないサイズでなく、小さな川での応用は効くでしょう。

こんな軽い竿があってもいいな、あの狭い川でなんとか使えるロッドはないかとお考えの方には価格もかなり手頃でまともな使用感の物としてお勧めです。

さてこのロッドが 税込 8,619 円 送料無料こんな価格で良いのだろうかと思うほどまともな商品。個人的には以前の7.6#3よりも好きかもしれません。お求めはにしきたトレーディングさんのページへ

 

origin.jpg

フライタックルレビュー | permalink | comments(0) | -

シマザキストレッチボディ使用リポート

JUGEMテーマ:フライフィッシング


TIEMCOからリリースされている新めなフライ用ボディ材料、シマザキストレッチボディの使用リポートを新サイトに書きました。

 

シマザキストレッチボディ説明書

▲パッケージに添付される説明

 

シマザキストレッチボディ画像1

▲シマザキストレッチボディの現物 フックはVARIVAS 2120WB #14

 

シマザキストレッチボディ使用例

▲実際に巻いた画像 汎用パラシュートとして 斜め下からのアングル

 

詳しい内容は例によって新サイトへお越しください。

シマザキストレッチボディ(TIEMCO)使用リポート

 

タイイング | permalink | comments(0) | -

フォームインジケーター&タングステンウエイトのレビュー

JUGEMテーマ:フライフィッシング

にしきたトレーディングさんの商品、フォームインジケータータングステンウエイトのレビューになります。

フォームインジケーターとウエイト

テストタックルのデータ
■ロッド:8f #5
■ライン:DT#5
■リーダー:4X12f
■ティペット:5X 3f

インジケーターテストの現場

▲テスト現場はいつものココ。大阪淀川。

フォームインジケーターのレビュー

高浮力で高く浮き視認性が良い、そしてティペットへの付け外しや位置の変更ができるのが特徴。

4個入り443円(税込み)

フォームインジケーター集合画像

4色から1色を選択、または4色セットの物がある。ゴムリング部を含め縦寸法3cmほど。

ティペットへの取り付け方

下にバッキングラインをティペットに見立てて説明。

フォームインジケーター2

上図のようにループにしたティペットをゴムリングに通す。通したループを後ろに回して引っ張ると下図の通りになる。

フォームインジケーター1

▲これはループを裏に回して全体をひっくり返した画像

フォームインジケーター3

上図のように引き締めることもできるが、下図のような通し方でティペットを引っ張り、ゴムに食い込ませてもそこそこに固定される。上図の引き締め方法でティペットにクセがつくことを嫌う場合には、この方法がおすすめ。

フォームインジケーター4

このインジケーターは見た目通り、さすがに空気抵抗が大きいです。これはよく浮く構造のインジケーターとしては宿命であり、浮き性能とはトレードオフの関係として致し方ありません。また、装着方法からしてティペットの絡みトラブルも起こる時には起こる。これも付け外し可能といったこととのトレードオフ。

さて、そこでトラブルレスな投げ方としていくつかコツを。とりあえず前提としてはラインウエイトはあった方が楽。#3よりも#5の方が当然楽なキャストになる。

キャスティングのコツ

1)大きめなアークのキャストを心がける。

いわゆるワイドループになるように。

2)できればベルジャンキャスト

ベルジャンキャストはバックキャストとフォワードキャストでラインの軌道が全く異なるため、ティペットやリーダーのトラブルが起こりにくいのです。

3)できる限り無用なフォルスキャストはしない

もっとも理想的にはピッックアップからそのままバックキャスト、そのままフォワードキャスト一回で終わり。(要するにフォルスキャストなし)

4)力まかせのキャストをしない

インジケーターに空気抵抗があり「飛ばない」という感覚からりきんだキャストになりやすいです。こうなりますとテーリングの原因にもなり、ますますトラブルが起きやすいです。そこで、むしろゆったりと加速時間の長いキャストを心がけることが吉。この意味ではグラスロッドの方が楽。

なお、解禁時の渓流ではインジケーターを使った釣りをすることはほとんどない、という人も多いでしょう。しかしながら、沈めないと魚が出ない、ということも現実にあり。かの、ロングリーダーによるドライフライの達人である渋谷直人氏に至っても、ちゃんとインジケーターを持ち歩いております。

タングステンウエイト

練り状のウエイト。ガムにタングステンの粉を混ぜて練った感じである。ガムの粘着性によってティペットに(半)固定するという品物。

タングステンシンカー

▲直径で100円玉程度 15g プラケース入りで現場にそのまま持って行ける。

鉛のシンカーは国によって使用禁止されているところもありなので、タングステン製であれば海外遠征の方も安心して使える商品。

15g 551円(税込み)

特徴としては必要な分量をちぎって使うために重さのコントロールが自由。付け外し自由で使い回し可能。そして装着するティペットに対してストレスがないこと。

タングステンウエイト

▲ちぎり取った一回分。これで約0.8g。ノーウエイトのエッグを沈める程度ならこれで十分。

タングステンウエイト使い方のヒケツ

この種の練り状シンカーは寒い季節になるとかなり硬くなり、塊から必要分をちぎり取りにくくなる。(気温5℃を切るあたりからかなりカチカチである)

そこで、寒い季節には出発前にその日に使うであろう個数を先にちぎって丸めておくのは方法。

ちぎって小さくなったそれを指で挟んでコネコネしていれば柔らかくなる。それをおもむろにティペットに装着する。

逆に、暑い季節ではそこそこに柔らかくなり、粘着性として大丈夫かと思えてしまうが、水に浸かれば硬くなり、粘着性もそこそこになるので問題なし。(軽くワンキャストするか、事前に水で冷やせばよし)

というところで、これはいざというときに持っていて邪魔にならない品物です。

ところで、ニンフを沈めて使うにしても、普通はビーズヘッドなど十分に沈むウエイトであるのは確か。その上になぜタングステンシンカーのような後付けな物を用意せねばならないのか?

それはそのポイントの流れの速さ、深さによってはフライの元々の重さではちょと不足気味なこともあり、その微調整として後付けシンカーを使うということ。

以上、フォームインジケーターとタングステンウエイトのレビューです。セットで持っていて良い小物です。特に管釣りでお世話になることが多いでしょう。

にしきたトレーディングさんのサイトでご確認ください。

 → にしきたトレーディングさんのフォームインジケーター

 → にしきたトレーディングさんのタングステンウエイト

 

origin.jpg

フライタックルレビュー | permalink | comments(0) | -

ランディングネット(クレモナ糸)のインプレ(にしきたトレーディングさん)


にしきたトレーディングさんの天然木ランディングネットを紹介。

クレモナ糸を使ったランディングネットです。

■枠サイズ:約24×約19cm ※最長部 (これはネット部内径)
■全長:約40cm
■重さ:108g

ランディングネットのクローズアップ1

サイズとして小渓流のヤマメ、アマゴ、イワナ釣りに向いています。

良い仕上がりのランディングネットです。私は他に用途別に4本のネットを持っていますが、この商品は最も高級な仕上がり。塗装は多分ウレタンでしょうか、ツヤがあって硬質な雰囲気。なかなか味わいのある木目が出ていますね。

これが!税込み¥4,515円 かなりお買い得と思われます。同等な仕上がりだともっとするのが普通。(一万円と言われても仕方ない雰囲気)

ランディングネットのクローズアップ2

付属品のヒートンストラップ

製品には親切にもゴムコードのヒートンストラップが付いてます。

商品の全体像の綺麗な画像はにしきトレーディングさんのサイトでご確認ください。

ただし、ルアー&フライフィッシングでよく見る背中へのネット装着では、添付されるゴムコードでは短く硬いと思われます。

そこで他の長めなカールコードなどを調達しますが、私の場合はこれを百均で入手しています。ホームセンターの工具コーナーなどでも見かけますが、同じような品物が百均にある可能性が高いです。

添付のゴムコードとカールコード
▲画像上は百均で入手のヒートン付きカールコード。下、このネットに付属するゴムコード

持ち手(柄)のデザイン

ところでラディングネットなどどれでも同じような使用感ではないかと思えますが、「持ち手部分」のデザインが異なることで扱いやすさに差が出ます。

ランディングネットの比較画像
▲上の画像手前の方は以前から使っていたネット。奥がにしきたトレーディングさんのネット。

この両者を比べますと、圧倒勝利でにしきたさんのネットが持ちやすいです。手前の物は造形的に美しくもありますが、どうしても手からすっぽ抜けるような雰囲気。素直なデザインの方が実用性高げです。

また、手前の物の表面仕上げはつや消しですが、にしきたさんのは普通にツヤツヤ。手にしっかりフィットするのはにしきたさんのツヤツヤの方ですね。

さて、百聞は一見にしかず。このネットによって実釣をしてきましたので写真映りとして以下に画像で紹介しましょう。

アマゴとランディングネット3
魚は小さい・・・

アマゴとランディングネット2
これも小さい・・・

イワナとランディングネット1
おお!久々のイワナ・・・

アマゴとランディングネット1
・・・これも小さいが・・・ネット自体は絵になっていると・・・

さて、このネットが 税込み¥4,515円 文句ないです。小渓流にオススメのクレモナ糸ランディングネットです。

にしきたトレーディングさんの商品ページで詳細をご確認ください。
 
origin.jpg
 
なお、本製品を使った実際の釣行記はこちら(2016年6月8日 奈良県天川)。
フライタックルレビュー | permalink | comments(0) | -

竹製フライボックスの紹介(にしきたトレーディングさん)


にしきたトレーディングさんの竹製フライボックスの紹介。

ウッドのフライボックスというのはたまに見かけますが、こちらの商品は竹製です。

竹ボックス現場にて
▲現場にて、まったり使用中。(右ひざに乗せています)

■サイズ:14cm x 9cm x 3.3cm ミドルスリムサイズ
■重量:約134g (手元にある商品の実測値は156g)

カタログ値と私の手元商品では重量が違いますが、天然素材ですので有りうることでしょう。(外形寸法も数ミリ単位で違います)

いずれにせよ本家ページの紹介文にあるような軽量とは言えません。しかしウッド系素材の物でもこの程度になるはず。

C&Fと竹ボックスの対比
▲左:この商品 竹のフライボックス 右:おなじみC&F製ボックス 大きさの対比です。

本体はオール竹製で、なんとも大変味わいがあります。
フタ部分にはメイフライの彫りが。
凝った構造をしており頑丈そうですよ。

全体画像を本家サイトで確認いたしましょう。

真鍮製のしっかりしたヒンジが使われ、磁石によってフタが閉まる構造。フタの開きは角度として100度程度となっていてそれ以上は開きません。(冒頭の実使用画像にある通り)

なごめる質感

私自身は釣りの持ち物としては完全に飾りを排し、機能性一辺倒な物を選ぶタイプなので、この種のケースを使うのは生まれて初めてとなりました。

さて、実際に使ってみれば「まったり系」。なごめるわけです。

実釣に持ち出すため、一軍のフライをこのボックスに集合させ、控えをいつものボックスに入れて釣り開始。

フライ交換のたびにこのボックスを取り出しますが、いや、これは良いかもしれません。プラスチックや金属とは異なる手の馴染み感がありますよ。

手になじむ重さ

ところで、私が多用しているボックスはC&F DESIGNのライトウエイトフライケース。これはなんと35gしかありません。この軽いケースの難点は、軽すぎて持ちにくいこと。良し悪しなんですよね。

そしてこちらの竹製のボックス、そこそこ重いですがその分で手に持ちやすいのです。人の手で使う何かというのは、重さは重要な要素になるかもしれません。

気になる点と処理の仕方

ボックス表面はほとんど大変手触りが良いですが、一方で内部の一部に竹特有のささくれがあったりもします。(私の手元に来た物としての個体差があるでしょう)

全体として仕上がりはとしては十分なのですが、上述の内部壁などもっとスベスベにしたいと思う部分があるなら、ささくれと同様、#600の耐水ペーパーで磨くと吉。

でも相手が竹ですから、耐水ペーパーで磨いた後はちょっと白っぽくもなります。気になる場合はちょっと鼻の油をつけまして、乾いた布で拭き込んでください。白っぽさがなくなって落ち着きます。

それからスリットフォームはお好みのものに交換するのも方法。スリット形式が使いにくいと思われる方は波型フォームもおすすめでしょう。

さて、価格は税込み 2,139円 お買い得ではないでしょうか!

拡大画像、詳しい情報はにしきたトレーディングさんの商品ページへどうぞ。

この商品を実際に使用している釣行記もあります。→ 奈良県天川村2016年6月8日
 
origin.jpg

 
フライタックルレビュー | permalink | comments(0) | -

天川村釣行記2016年4月21日

新サイトに奈良県吉野郡天川の釣行記をアップしています。

メインサイト更新情報

釣行記
天川村釣行記216年4月21日

 
釣行記 | permalink | comments(0) | -

リーダー(TIEMCO)のインプレ

新サイトにTIEMCOのリーダーについてインプレ記事アップしています。

リーダー(TIEMCO)

 
フライタックルレビュー | permalink | comments(0) | -

爆安フライラインWF4I(インターメディエイト)のレビュー


にしきたトレーディングさんの爆安フライラインFW4Iのレビュー。
インターメディエイトのウエイトフォワードになります。

このラインは¥1,923円(税込)での提供。

私自身は今でにインターメディエイト(比重1)のラインを使ったことはありませんので、これの入門者がどう感じたか、という観点から記事を書きます。

さて、このラインは透明なんですよね。

そもそも材質がフローティングやシンキングとは全く異なります。見た目にはコアと表皮といった構造を持ちません。なんとなく、ある種のショックリーダーとそっくりな見た目です。

今回のレビューではWF4になります。

にしきたWF4Iパッケージ

いつもながら箱無しの合理的パッケージ。

ラインのプロファイル

ラインのプロファイル

これはにしきたトレーディングさんのフローティングWFなどと同様になります。

今回のテストはWF4なのでWeight欄で2-4のところを参照します。

短いベリー部に対してリアテーパーだけが長めなデザインですね。それによってヘッド部は先端寄りのウエイト配分となり、どちらかといえば飛ばし系かもしれません。ただしフロントテーパーも長めでしょうか。

キャスティングの実際

使用ロッドは8フィート#4-5のカーボン。私がフライフィッシング入門時に使っていた Temptation というOFTのロッドです。これは数千円という価格でしたが、他の数万円する物に対して何の遜色もありません。私は現在10本のフライロッドを所有していますが、どれか一本だけを残せ、と言われればこのロッドになるかも。それくらいむちゃくちゃに万能で投げやすいのです。

ロッドテンプテーション1

リールはキャップスのテリア#5という廉価な物。多少のバッキングラインを入れ、このライン100フィートを巻いてまだ余裕です。ちなみに、リーダーはキャスト練習用にしている3X9フィート、ティペットに1フィート+ヤーンの擬似フライです。

ロッドテンプテーション2

さて、このラインの実際の投げ心地ですが、これは非常に投げやすく、そして飛びます。ウエイトの乗りがわかりやすいです。確かに#4程度の重さ感は出ていると思われます。これはヘッド寄りのウエイトバランスが投げやすさに現れているのかも。

それからこのラインの場合、一般的な皮膜付きのフローティングやシンキングに比べると少しハリのある(というか曲げに対して少しの反発ありか)感じで、それがキャストのしやすさに関係あるかも。それもあってかラインスピードは乗りやすい方と思えます。ラインスピードがあるために、ゆるいフロントテーパーでもターンは楽、ないしは強めでしょうか。

淀川の練習場所
ちなみに、こういうところでテストです。(大阪淀川城北エリア)

インターメディエイトとして

このラインの新品状態では、多分シリコン系の潤滑剤が全体に塗布されている感じです。これはパッケージングの作業でさばきをよくするためとか、輸送、保管中にライン同士がくっつくのを防ぐ目的がありそうです。

そして、使い始めに関してはこのシリコン系?の潤滑剤?が災いし、単純に「浮き傾向のライン」になっています。

この点は、水に向かってキャストを繰り返すうちに潤滑剤?が取れ、次第にまったく問題のないレベルになります。そこで、最初から現場使用を考えた場合には、最初の潤滑剤を拭き取り、ガーキの「ジンク」(Xink)など、シンク剤を事前に塗布しておくのが吉でしょう。

ジンクのボトル
▲ガーキのジンク(シンク剤)リールはキャップスのテリア#5

このジンクという「シンク剤」ですが、これ自体がラインを沈めることはなく、元々の機能としては「それを塗布して水に対する表面張力を抑える」ものです。ですから、ジンクをラインに塗布することで、そのライン本来の比重に基づいた沈下率が得られるということになります。

浮き、というか比重「1」の具合

さて、私の今回のテストでは「ジンク」を持っておらずでしたが、キャストを繰り返すうちに最初にあった潤滑剤らしき物が取れてきたようでだんだんとインターメディエイトの性質が出てきました。水面直下に浮遊する感じです。

結論としては確かにインターメディエイト。はは〜、なるほどといいう感じ。

水離れ

意外に水離れが良いです。比重「1」で水面直下にある割に、スネークピックアップによって簡単に水から引き離すことが可能です。もしかしたら、前回の記事「WF6F」よりも水離れが良いほど。これは素材の表面の素性からくることでしょうか?

このラインの用途

重さが基本WF4ですから、大きな湖でミノータイプのフライを投げるには軽すぎるでしょう。

そこで止水の箱池管釣りのようなところではこのラインをセットしたロッドを用意するのはありと思われます。止水管釣りでの「引っ張り」は時として絶大な効果がありますよ。

次回、機会があれば箱池管釣りでこのラインを試してみようと思います。

もちろん、このシリーズで#4よりもっと重い物を使えば天然湖など大きなフィールドでも十分に使えそうです。

総評と結論

このラインは投げやすいですし、インターメディエイトとしての機能は十分と思われます。

次に材質が「透明」ということについては、確かに釣り人からの視認性はマイナスとなりますが、見えなくもありません。水中では透明でもやや白っぽい感じに見えています。魚の目線としてどうなのか?の部分にはなんとも言えません。ただ目立ちにくくはなっていると想像されます。

とにかく何せ価格が¥1,923円(税込)ですから、インターメディエイトのお試しや入門用としてはうってつけです。というか、これで十分に実用になりげですよ。

追記

実釣していないのでなんとも言えない部分ではありますが、このラインについて考えられることを書いておきます。

まずはこのラインはブレイデッドラインのコアがない点からして、ある程度の「伸び」が予想されます。伸びは確かに存在します。

そこで、このラインで魚を釣るにはアタリを取ったら積極的に「掛けていく」ことが肝要になるかもしれません。そもそもが弾力性ありな素性ですから、最初のアタリでバレにくく、その代りに「掛け」が必要かもです。そして掛けた後は大変「乗り」が良い可能性大。具体的には、アタリを取ったらラインを積極的に引いて掛け、そしてさらにロッドで合わせていくという感じになるでしょう。(ま、通常はそうするでしょうが、それを積極的にと)

爆安インターメディエイトのラインWF4IFのご購入はこちら

origin.jpg

 
フライタックルレビュー | permalink | comments(0) | -

logo-220-270.jpg