フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

芥川マス釣り場フライフィッシング社員研修

JUGEMテーマ:フライフィッシング

2017年3月29日 にしきたトレーディング社員研修として芥川マス釣り場でフライフィッシングを行いました。タックルレビュー記者の私とスタッフさん2名。

場所:芥川マス釣り場

〒569-1051 大阪府高槻市大字原2154−3
電話: 0120-886-822

芥川漁業協同組合

阪神地域からのアクセスが良く、ファミリー向けの釣り場です。フライフィッシング入門にはかなりお手軽に楽しめる場所。家族サービスを絡めてのレクリエーションとしても大変おすすめです。

ニジマス・ヤマメ・イワナ 
大人3,500円 
小人(中学生以下)2,000円
専用駐車場:一日千円

川をマスで仕切った形式の釣り場です。釣った魚は持ち帰りもでき、釣ったそのままを河原でのバーベキューなど可能です。

場所の予約が可能です。フライ&ルアー専用エリアを指定してください。

芥川漁業協同組合

上の画像右上あたりに見えますが、仕切りの上には空中に釣り糸が何本も張られています。これはいわゆる「鳥よけ」ですね。フライフィッシングの場合はキャストの邪魔になりそうですが、隣のお客さんとの仕切りにもなり、キャストミスに対してはむしろ安全性が確保されていると思えました。

なお、フライフィッシングとしてバックスペースはちょっと狭いように感じるかもしれませんが、後ろがそんなに気になるほどのロングキャストは不要といったところです。これでも山の渓流に比べれば天国みたいなものです。

芥川マス釣り場流れ込み

穏やかで程よい落ち込みや流れもあり、渓流釣りの練習にもなります。ちなみに、特に長靴は特に不要と思われますが、用心する方は着用されてもOKでしょう。

おすすめのタックル

ロッドは8フィートあれば十分。インジケーター必須としてライン#4なら楽でしょう。距離としてロールキャストのちょい投げができれば釣りになります。

リーダーは4X(7.5-9フィート)、ティペット5X以上がおすすめ。時には50upの大型ニジマスも釣れます。

フライフィッシングタックル画像

私はいつも使っている7.7フィートのグラスロッドに#4ライン。リールは前回レビューしましたクリッカーFLリールです。このリール、実際に非常に使い易いです。クリック音が穏やかでラインの出し入れが大変スムース。

それにこれも前回レビューのウッドフライボックス。これに本命フライを詰め込んで。普通にパラシュートやエルクヘアカディス、それにニンフとファンシー系のフライもあった方が良いですね。普通サイズのボックス一つあれば一日楽しめるでしょう。

芥川マス釣り場最初の一尾

各マスには釣り残りの魚と、そして途中で漁協さんがバケツで放流してくれます。ニジマスだけでなくヤマメやイワナもいるようです。中にはかなり大きなニジマスもいます。

▲おお!けっこう大きいのキター!!

この日最初に釣れたのは20cm強のニジマス。ヘアズイヤーで釣れました。これくらいの大きさでも十分に楽しめます。水温が低い早朝には沈むフライが良いですね。

魚は流れ込みに潜んで餌を待つもの、回遊しているもの様々。指定の場所以外には移動できませんので、この限られた条件でどうやって釣るか?これが意外に難問です。

まあ、とにかくフライを取っ替え引っ換えですね。

昼前には水温が上がってライズが起こり、ドライフライでもそこそこに釣れるように。

芥川マス釣り場バーベキュー

ランチは釣った魚でバーベキュー。各自でバーベキューセットを持ち込めますが、漁協にもある程度の有料貸し出し品があるような。(漁協へ確認要)

時には大物がかかります。だからあまり細いティペットはおすすめではありません。

以上の通り、芥川マス釣り場ではまる一日を楽しく過ごすことができます。特におすすめなのはファミリーフィッシングですね。

子供達を遊ばせながらの釣り、バーベキューを楽しんだりと家庭サービスしながらフライフィッシングの練習ができます。

4-5月の休日には多数のお客さんがつめかけるようです。予定が決まり次第、漁協に予約の電話を入れる方がよろしいでしょう。

注意点
ファミリーが多いですからキャストしている後ろに注意です。また、ロッドを寝かして置いていると、それに気づかれないこともあります。安全面に配慮しましょう。

芥川マス釣り場でのおすすめ商品

フライ入門 コンプリートセット 小型管理釣場〜渓流向け
これだけあれば、芥川マス釣り場でとりあえずフライフィッシングを始められます。これにフライをもう少し持っているとなお安心でしょう。以下のセットなどおすすめです。

river peak(リバーピーク) オールシーズンフライセットA

どうぞにしきたトレーディング楽天店でお確かめください。

origin.jpg

釣行記 | permalink | comments(0) | -

天川管理釣り場2016年10月19日ぶら下がりフライでなんとか

JUGEMテーマ:フライフィッシング

天川管理釣り場

 

天川管理釣り場2016年10月19日釣行記を本家サイトにアップいたしました。

上の画像は当日の様子。紅葉はまだまだでした。

 

数日前から釣果はあまりはかばかしくなかったようです。(月齢がまずかったかも)

ぶら下がり系フライでバイトミスをかなり防げる様子。

 

詳しい記事をこちらでごらんください。→ 天川管理釣り場2016年10月19日

 

天川管理釣り場釣果

 

釣行記 | permalink | comments(0) | -

天川村釣行記2016年4月21日

新サイトに奈良県吉野郡天川の釣行記をアップしています。

メインサイト更新情報

釣行記 天川村釣行記216年4月21日

 

釣行記 | permalink | comments(0) | -

メインサイト更新情報

JUGEMテーマ:フライフィッシング 

メインサイト更新情報
釣行記
釣行記 | permalink | comments(0) | -

天川村管理釣り場2015年10月6日

 新ページに釣行記をあげました。

釣行記 | permalink | comments(0) | -

アマゴの沢イワナの谷2015年5月21日


tenkawa_2015_5_21 - 5.jpg

天川本流筋上流部 2015年5月21日

昨日の深夜から未明にかけてそこそこな量の降雨。気温はここ数日間よりも5℃ほど下がるらしい。

■アマゴの沢

午前6時頃、幸先の良いスタート。背の張った良型アマゴが出た。

tenkawa_2015_5_21 - 1.jpg

このポイントは目的の場所と勘違いして降りた初めての場所。こんな魚が出るところがまだあった。

しかしながら後がなかな続かない。次々にポイントを打ちながら上るが反応は薄い。

夜半の雨はここのところの減水状態を回復させるまでに至らなかったようだ。期待していたヒラキはチャラ瀬に変わり、プールは水がほとんど止まったような状態になっているか、ことによっては流れから分断されて水たまりになってしまっていた。

このような状況だから、知っているポイントはことごとく消滅していた。その代わりに普段は徒渉できないような場所でも自由に行き来することができた。とは言っても流れがチョロチョロ過ぎるのでは魚の居場所がない。すなわち打つべきポイントが非常に限られているのだ。

今日のアマゴは核心部分から出たものは最初の一尾。他のすべてはいつもなら二番手以降が陣取るような場所から出た。

tenkawa_2015_5_21 - 3.jpg
▲核心部分から魚出ず。ちょっと変わったところとか二番手以降の場所から。
 (いつもはこういう所に魚はいない)

さりとて魚影がどうしようもなく薄いわけでもなく、こちらに気付かれて走る姿を何度も見た。しかし魚の反応する距離が、僕自身の射程範囲ぎりぎりである。減水と毎日のように現れる人影に敏感になっているのだろう。『核心部分から出たのは一尾だけ』これが意味しているのも減水と釣り人の圧力が関係しているように思われる。
続きを読む >>
釣行記 | permalink | comments(0) | -

天川釣行&カーボン7'6"#3ロッド実釣レビュー

2015年4月23日
フライショップにしきたトレーディングさん販売のカーボンロッド7'6"#3、オリジナルフライライン#3のレビューを兼ねた釣行、実釣編です。
■現場データ
---------------------------------------
場所:奈良県天川本流筋上流部
天候:晴れ
気温:10〜13℃
水温:8℃
風速:0〜3m程度
水位:多少の減水気味
■タックルデータ
---------------------------------------
リール:ダニエルソン (ニンフW)
リーダー:TIEMCO フィネスリーダー 5X8f
ティペット:6.5X 5f
フライ:パラシュート系#14

tenkawa_2015_4_23_5.jpg

続きを読む >>
釣行記 | permalink | comments(0) | -

天川アマゴ放流釣り場2015年3月17日

tenkawa_2015_3_17_1.jpg
ここまで登ってもまだ上には峰があり、そして雪。

天候不順が続いたが、3月17日だけは晴れ上がって気温上昇。
夜明け近くに気温3℃であったが午後2時頃には16℃を超えていた。

考えることは皆同じ。釣りだ。

で、人が多すぎる。渓流釣りのマナーとして「頭を切る」とか「頭をはねる」とか言って先行者の直上流へ入らないというのがある。が、しかしそれはもうムリかも知れないというほどに人が多い。(望ましくは500m〜1000m上に入るのが良いとされているようだが、実質ムリな相談である)

続きを読む >>
釣行記 | permalink | comments(0) | -

天川管理釣り場2014年11月5日


tenkawa_2014_11_5_4.jpg

天川村は夜明けの気温で4℃とさすがに涼しくなっております。それでも日中の水温はまだ10℃前後、気温で15℃を上回りそう。釣りとしてはかなり快適。魚も元気だ。月の形もかなりよし。

月といえば本日5日の月は「後の十三夜」といって暦上大変珍しいそうだ。前回は171年前。次回は2109年らしい。

そしてその「後の十三夜」の日。不思議なことが起こった。

マグネットリリーサーの怪

みなさんの中にはランディングネットをベストの背中に装着するのにマグネットリリーサーをお使いの方も少なくないでしょう。

split1.jpg

この画像はネットをリリースした状態。大きめなスプリットリングにマグネットの片割れが残っています。

もう一方のマグネットがネット側に装着されているという仕組み。磁力でネットの付け外しが自由というやつです。

ところが、本日このマグネットリリーサー仕掛けのネットを一度は失くしてしまいました。もちろん、流れ止めのハーネスをつけていますが、それもきれいにはずれて・・・(最終的には発見して釣りを続行はしましたが)

ところがです、本題はここから・・・

続きを読む >>
釣行記 | permalink | comments(2) | -

天川管理釣り場2014年10月1日



2014_10_1tenkawa.jpg


天川ニジマス管理釣り場考

さて、今年も天川管理釣り場オープン初日攻め。

ここ数年来、10月1日の管釣りオープンには顔を出しておりますが、平日にかかわらず、だんだんとお客さんが増える傾向にあり。それもどちらかと言えばルアーの人が多い感じ。それも箱池管釣りから天然河川デビューという雰囲気の人が多いように思えます。

途中で幾人かの釣り人と話した中に、管釣りシーズンにはリラックして釣りができるということがありました。

アマゴ解禁時にはルアー&フライと完全に競合する餌釣師がおり、それがおそろしく緊張関係にあってこの川での釣りが楽しくないという話題。話した彼はそれがあって年券を買うのを止めましたと。そうそう、僕も年券買いません。

実際のところ、僕もこのニジマス管釣りシーズンのこの川の釣りが好きです。リラックスできますもん。この管釣り時期の釣りを始めた当初は、「所詮管釣り」だからリラックスしていられると思っていましたがそうではありません。

「管理釣り場」というなら、アマゴや鮎の解禁時期だって実質的には所詮「放流型の管理釣り場」です。天然物などほぼ皆無でしょう。時期的に「釣ってもかまわない魚の種類が変わった」というだけなんです。

しかし10月1日から来年の春までこの川に餌釣師はいません。ですからやはり、ニジマス管釣りシーズンでは、どこか気心知れたというか、ルアー&フライとして一般的にキャッチ&リリースという釣り文化の元に魚を釣っている連中しかいないという安心感のようなものがあるのかも知れません。

続きを読む >>
釣行記 | permalink | comments(0) | -

logo-220-270.jpg