フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

フォーセップ&ミニリール型キーホルダー(にしきたトレーディングさん)

JUGEMテーマ:フライフィッシング

フライフィッシングの必需品フォーセップ

フォーセップは魚に飲まれたフライを取り外すとき、そして沈めるフライではティペットにガン玉をセットするときのプライヤー代わりに使います。

一般渓流の釣りでヤマメ、アマゴ、イワナを釣るときには大きくて30cm程度の魚が対象ですから、フォーセップは小さくて良いでしょう。ちなみに、私が渓流で使っているフォーセップは全長約4インチ、10cm程度の物。

フォーセップ3

ベストに付けるとこんな感じ。Simmsのベストにはフォーセップを挟み込むのにちょうど良い突起がある。(実際には内部につけて邪魔にならないようにしている。)

フォーセップ1

▲左:私が渓流で使っているサイズ4インチ

 右:にしきたトレーディングさん5インチ

ところで、管理釣り場や北海道、本州でも湖での釣りでは50cmアップのような大型魚も対象に入ってきます。

そうなると使うフライもフックが大きく太くなり、魚の大きさに比例して口の周りも分厚く硬くなります。このような魚を扱う現場では、私が渓流で使うような小さなフォーセップでなく、もう少し大型で頑丈な物が求められるでしょう。

このようなとき、にしきたトレーディングさんのフォーセップ、5インチをお勧めいたします。この商品は仕上がりよく、頑丈そうですよ。

フォーセップ2

▲このようなカールコードをつけて紛失防止。これは各種タイプを百均で入手可能。手元から60cmくらいは伸びるのでフックはずしに無理はありません。

現場での使用に際しては、カールコードなどを使い、フォーセップをうっかり水没とか置き忘れしないよう工夫することをお勧めします。

このフォーセップをにしきたトレーディングさんのページでご確認ください。これは多分、安いですね!

ミニリール型キーホルダー

このキーホルダーはフライリール型をしており、ノブを回せばスプールがちゃんと回転します。そしてこの回転が意外にスムース。結構精巧にできております。

キーホルダー1

そこで、せっかくスプールが回転するわけですから、これを何かに利用できないかとちょっと考えました。

これは水温計の置き忘れ防止になるのではないかと。

いつもはこのC&Fの水温計(兼、不要ティペット巻&マグネット)は小さいカールカールコードを介してベストのポケット等にクリップ止めをしていました。で、水温を計るときはクリップを外して体から離すため、置き忘れることしばし。水温を計るために水につけたまま3回置き忘れ、2回は回収し3回目にとうとう発見できず・・・

水温計

そこで、もうこれは「ヒモ」を使うしかなかろうと・・・

このミニリールに20libのバッキングラインを巻くと、なんと4mほどのキャパがあることがわかりました。

キーホルダー2

▲実際にバッキングラインを巻いてみる。

ならばとこの水温計をリールに収めたバッキングラインに結びつけることにいたしましょう。4m先に置けるので不自由はなし。使用後は巻き取ってポケットに戻します。

水温計とキーホルダー

ただし、いかんせん、リールが小さいですから巻き取りは少し面倒ではあります。

それから思いますに、釣りに行くときに持つ小物がやたらに多いですよね。大事な品物にはこのキーホルダーのように目立って多少の重みのあるものを付けておくのは方法です。特に黒いバッグの中に黒い何かを入れると、夕暮れ時には探しにくくて・・・

このミニリール型キーホルダーをにしきたトレーディングさのページより、商品をご確認ください。

 

origin.jpg

小物記事 | permalink | comments(0) | -

シンプルなフライパッチ・ニシキタトレーディングさん

JUGEMテーマ:フライフィッシング
 

フライパッチその1

ニシキタトレーディングさん扱いの軽量フライパッチの紹介。

画像の通りシンプルなデザイン。大きさは縦10cm横7cm。厚みとして5mm程度でしょうか。元のページの紹介では横が6.5cmとありますが、手元の現物を実測しますと横が7cmあります。
 
さてさて、私自身が常用しているのは蓋つきのフライパッチでSTRIAM WORKSの物。なぜ蓋つきかといえば、やはりベストの脱ぎ着でフライをなくさないためです。
 
フライパッチその2
▲左:ニシキタトレーディングさんフライパッチ  右:STRIAM WORKSの蓋つき
 
しかし一方では今回紹介している品物のようにオープン型も根強く使われているのも事実。正直なところ、これはわからなくもありません。私自身がベストの脱ぎ着でドジをしなければオープンタイプの方が「釣りをしている気分」として良い演出になると思える部分があります。
 
また、私自身も箱池管釣りのような現場で場所移動もほとんどなくお気軽な扮装で釣りをしているならオープンタイプのフライパッチ使用も考えられるかもです。
 
さて、このフライパッチですが、クリップによって簡単に装着できます。実際の使用ではフライベストの胸ポケットのフラップ部分につけることになりそうでしょうか。そういえば、このクリップ式というのはありそうでありません。
 
それからクリップ部分は簡単に取り外せますので、裏にベルクロを貼るなどして装着方法を様々に工夫することもできるでしょう。非常にシンプルな構造をしており、様々な用法が考えられます。
 
クリップ部を外してしまうと、まんまフライボックスのフォームになりますので、適当なボックスがあれば両面テープで固定して使えます。
 
このフライパッチ、二個のセットで税込1270円。まずまずですね。
 
なお、元の紹介記事では24本のフライ装着可能といった紹介ですが、いやいや、#12〜14,16といった渓流でもっとも使うであろうサイズのフライだと、少なく見積もっても30〜50本は装着できると思いますよ。
 
origin.jpg
小物記事 | permalink | comments(0) | -

安いバッキングラインはコレ。ニシキタトレーディングさん

バッキングライン

 

フライフィッシングにおいて、そのリールに巻くバッキングラインというのはその役割が微妙なところ。
 
その昔、ラージアーバーのリールが存在しなかった頃、リールの糸巻き部分の「芯」が細すぎることを補うために「下糸」をたくさん巻いた・・・ということもあり得そうですし、もう一方ではラージアーバーかクラシックタイプのリールかにかかわらず、大物が掛かってフライラインが全部引き出され、さらにその後は下に巻いている「バッキングライン」が引き出される、ということになるでしょうか。
 
まあ、一般渓流域の釣りでは大物が掛かってバッキングラインが引き出されるということはまあないでしょう。
というところで、多くの用途としては「芯」が細いリールの対策、そしてほとんど気分の問題、そして、人によっては大物対応という3分類ができそうです。
 
私個人としては山の渓流域でラージアーバータイプのリールを使っているなら、バッキングラインはほとんど気持ち。はっきり言って1mほど巻いているだけ。その用途はフライラインの先端処理としてリールのアーバー部に結びつける目的でのバッキングラインです。
 
ま、そしてクラシックタイプのリールであれば細い「芯」を補うためにそこそこ多量にバッキングラインを巻きますが、これって何か不合理です。芯を太らせる目的であればそこに巻くのは何だってかまやしないと思えてなりません。
しかしながら、何か良い代替えがないのですよね。タコ糸を巻いても構わないような気がしますが、これは多分「水はけ」が悪そう。
 
ううむ、もしかしたら「ホタルテープ」なら良いかもとか。(これは昔ベイトリールのスプールで浅溝タイプがなかった頃の方策)
で、くだらんことで迷うよりか昔から皆んなが使っているバッキングラインを使っておけ、とう結論が。
 
そして実際のところ売り物のバッキングラインは水はけが良くて使用目的にはバッチリ。(そりゃまあ、専用品ですから)
そうなると、とにかく価格が安い物で十分と思えるのは人情。
 
単にリールのアーバーを太らせるだけなので20libもあればOK。と言いますかまあ太さは適当で良いでしょう。
ニシキタトレーディングさんではこれが二個セットで販売。もとが安いですからね、この売り方もありでしょう。

またカラーで3種類、白、チャート、オレンジがありますね。バッキングラインが見えるラージアーバーリールにお使いならカラー物もオシャレかもです。
 
他のもとの抱き合わせで購入しておくのは方法かも。
 
origin.jpg
小物記事 | permalink | comments(0) | -

にしきたトレーディングさんの「マグネティック ネットリリーサー大」レビュー

にしきたトレーディングさんの「マグネティック ネットリリーサー大」のレビューです。
マグネットリリーサーはフライフィッシングでは主にランディングネットをベストのどこかに装着するのに使います。ほとんどの場合はベストの背部中央上にあるD環にマグネットの一方を取り付けます。ネットの方に片方の磁石を取り付けてネットの付け外しを自由にするものですね。
さて、にしきたトレーディングさんの商品は以下の画像。他社のとは少し異なる構造をしています。ゴムリングがついていて何か仕掛けがありそうです。このことについてにしきたトレーディングさんのページや製品そのもののパッケージにはなんら説明がありません。

nishikita-mag-release-review - 3.jpg

 

▲他の製品には見られない特異な構造

 

そこで、ちょっと推理していじくりまわしますと以下のような構造を持っていることが判明。
続きを読む >>
小物記事 | permalink | comments(0) | -

にしきたトレーディングさん「ラインストレーナー&クリーナー」レビュー

 

ラインストレーナー&クリーナー

 

▲にしきたトレーディングさん ストレーナー、クリーナー一体化の製品
フライフィッシングの小物としてリーダーのストレーナー、そしてラインクリーナーは多くの人がお使いでしょう。
リーダーのストレーナーとは、巻きグセがついたリーダーをしごいてまっすぐにするパッド。多くの製品ではゴムのパッドを皮に貼り付けた形です。
クリーナーはフェルトなどにクリーナーやラインドレッシングを染み込ませ、現場でのラインメンテに使います。
これらは一般的に別体なのですが、形状としては似たような物なので、両者を一体化してもよかれというのがのこ製品。以前からいくつかの製品が販売されています。
今回はこのストレーナーとクリーナーが一体化したこの製品をレビューします。
続きを読む >>
小物記事 | permalink | comments(0) | -

にしきたトレーディング「インジケーター」レビュー

nishikita-indica-review - 4.jpg
にしきたトレーディングさんの「使い切り貼り付けタイプのインジケーター」机上レビューです。
丸型のフォームタイプ。1シート12個付き×2=24個セットです。ティペットを挟み込んで貼り合わせます。円形の直径で10mmです。
さてさて、見た目には小さいように思いますが、浮力など実験しましたので以下にリポートいたします。
続きを読む >>
小物記事 | permalink | comments(0) | -

恒例・戦利品報告Quechuaのフリースジャケット他

afiri_2014_11.jpg

例によってナチュラムポイントで無料ゲット戦利品報告。

現在、フランスから来たアウトドアアパレルのQuechua(ケシュア)製品の一部が送料無料中。

で一品が送料無料だと他の商品と抱き合わせてもトータル送料無料とのことで消耗品も一緒に購入。

Quechuaのフリースジャケット

税込み2500円ほどです。ユニクロの同価格帯の製品よりコスパは良くない感じ。ユニクロでこの価格ならもっとフリースが厚いでしょう。ま、今回は薄いフリースを探していたのでこれでよし。

バリバスのテーパーリーダー

All Purposeというタイプでそこそこに廉価です。この太さ長さは天川管理釣り場でのドライとニンフ沈め系兼用するためのもの。TIEMCOのスタンダードに比べるとしなやか系と思えます。ま、普通。いやいやいやTIEMCOのスタンダードに比べてしなやかということはないな。硬いかも。

バリバスのフック2200

消耗品系の在庫確認するとこれがないことがわかり注文。ぶら下がり系を巻くのにちょうどよいフックです。細軸で軽い。マットブロンズの色もよし。TMCよりコスパ良しと思えます。そうそう!このフックはフライ用には珍しくかすかにひねりが入っていますよ!
小物記事 | permalink | comments(0) | -

C&F ライトウエイトフライケース(フリップ付き)インプレ


 例によってナチュラムポイントによる完全無料戦利品。

このたびはC&Fのライトウエイトフライケース(フリップ付き)のインプレです。

C&F-box1.jpg
パカっと開くとこのように。

そしてセンター部分はフリップになっていて・・・

C&F-box2.jpg

ありゃ、センターのフリップは裏側にスリットなしなんだ。その代わり、この左側には背が高いフライも収納できるね。

このセンターフリップのために、背の高いフライは使いにくいだろうと、ニンフ専用にしようと思っていたのですが、いや実は、このフリップタイプはボックスがそもそも深くなっていた。ノーマルの物とまったく違う。

C&F-box3.jpg

左がフリップ付き(35mm厚) 右ノーマル(25mm厚)

なんだ、10mmも深さが違います。このフリップ付きのボックス、大雑把に言ってノーマルの1.5倍程度の収容力がありますよ。これけっこう使えそうです。一般渓流域で使うフライ#14〜#18程度ならなんら問題なし。これに統一してもいいなあ、と思えます。

しかし、釣りに行けていない。もしからまた今期は天川のニジマス管理釣り場が実質スタートかもな様相。
小物記事 | permalink | comments(0) | -

ナチュラムさんありがとうバディポイントで小物買い

 JUGEMテーマ:フライフィッシングnatyu_point1.jpg

例によってナチュラムさんのバディポイント(要するにアフィリエイト)によって消耗品の小物買い。しめて3910円也。キャンペーン中につき送料すら払っておらずです。

各品物、これからフライフィッシング入門の方には何か役立つ情報になるかもと思い、ちょっと解説です。

続きを読む >>
小物記事 | permalink | comments(2) | -

TIEMCO の新しいリーダー FINESSE 雑感


aklon_finesse1.jpg

先日の釣りでこのリーダー FINESSE を使ってみた。その使用感をちょっと記しておきましょう。(とりあえず画像の5Xをテスト)

まず細身。しかしターンは実用十分。それはどうやら細身にした分、多少硬めにしてターンを稼いでいる雰囲気あり。

この「細い」ということについては意外に利点がある。

  1. ラインに結びやすく、結び玉が小さい。よってトップガイドを通りやすい。
  2. ドラッグがかかりにくい。
  3. 風の影響を受けにくい。

これらのことを考えると、特にフィネスな釣りでなくとも使い易いと思われます。

色に関してはこのブラウンカラーがけっこうステルス性ありげ。自然状態で水の中に入ると意外に目立たない。

これはなかなか使えるリーダーです8Fは短めですが、好きなだけティペットを接いで使用します。テストでは6Fほどのティペットを追加して使用。また現在は11Fの物も追加されております。

以上参考報告でした。


小物記事 | permalink | comments(0) | -

logo-220-270.jpg