フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

新しいサイトへの移動

 こんにちはこのページの筆者、中尾友次郎です。

このたび、故あってこのブログの新記事を別サイトにアップしていくことにしました。

新サイトのデザインはまだ不安定で流動的ですが、新記事はとにかくすべて新しい方へアップしていきます。

URL : http://www.flyfishing.jpn.org/

と思いましたがニシキタトレーディングさんの商品レビューは引き続きこのブログに書こうと思います。(2015/9/2追加)


FF日記 | permalink | comments(0) | -

スクープ!次期型フルーガーメダリストの画像入手


Pflueger Medalist_new.jpg

えらいキャッチーなタイトルを付けてしまいましたが未確認情報ではります。
しかし画像はかなり信憑性が高いですね。プロトとかでなくもう販売用量産型の感じ。

画像の感じでは現行モデルよりも高級感ありですが、そこそこに廉価な感じもあり。

とりあえず"The Fiberglass Manifesto"さんのFacebookページより情報を得ました。(画像もそこからのものです)

に、よりますと・・

"While I'm giving sneak peeks, here's a first look at the next generation of the Pflueger Medalist fly reels. Three in the series and they won't break the piggy bank."

ええと、they won't break the piggy bank ですんでたぶんお安いのではと。

以上未確認情報です。

追記:

どうも・・・ハンドル・ノブのカラーリングがなんか違うような気も。
FF日記 | permalink | comments(0) | -

ウェーダーを新調する Pazdesign ZBW-504

zbw504 - 3.jpg
▲新調したPazdesign ナチュラムさんで2万円でおつり。安い!

思い起こせば今まで履いてきたウェーダーはすでに7年越し。(Rivalley アクアマックス)

いやー、騙し騙し補修しながらよくやってきた。とは言っても年間10回の使用に満たず、つまらん病気で療養していた一年は使用せずだったとしてもよく持ちこたえた。

しかしながら、ウェーダーの素材全体がもう補修が追いつかない状態になっている。

zbw504 - 1.jpg
▲表から見るとこんな具合。(Rivalley アクアマックス)

素材の多層構造の最も表面側がプクプクと浮き出している。もう剥離してんだね。

zbw504 - 2.jpg
▲裏側の画像。裏地がもろもろになって剥離(補修跡が痛々しい)

どこに穴が、という具合でもないが、至る所にヒビという感じである。とりあえず目立つところに補修を加えてきたがもうダメだ。

この前のタックルレビュー釣行の最中、画像撮影で尻を水に漬け込んで1〜2分もすると、パンツの中までぐっしょりと浸水しているじゃあないか。あきらめた!
続きを読む >>
FF日記 | permalink | comments(3) | -

道具の不思議(付喪神:つくもがみ)について

JUGEMテーマ:日記・一般

opinel1.jpg

突然ですが付喪神(つくもがみ)という言葉をご存知でしょうか?

ウィキペディアによると冒頭に以下の解説。

「付喪神(つくもがみ)とは、日本の民間信仰における観念で、長い年月を経て古くなったり、長く生きた依り代(道具や生き物や自然の物)に、神や霊魂などが宿ったものの総称で、荒ぶれば(荒ぶる神・九尾の狐など)禍をもたらし、和(な)ぎれば(和ぎる神・お狐様など)幸をもたらすとされる。」

今回の記事はこの付喪神と道具に関する不思議な話。

フライフィッシングでもその道具にこだわる人は多いはず。にわかには信じられないことだとは思いますが、ウチで起こる付喪神に関する不思議な話をここに記しておきます。

=======

続きを読む >>
FF日記 | permalink | comments(0) | -

あけましておめでとうございます


2015_omamori.jpg

あけましておめでとうございます。
もう仕事始めですね。

毎年恒例になってしまった「釣り人守護」の入れ替えです。

この表層守り、カラーリングを変えたVerを出してくれないでしょうか?

右お守りシールは耐水性で気が利いておりますが。

しかし、それ以前に自分自身が釣りに行けとらんがな。

本年も良い釣りを!
FF日記 | permalink | comments(0) | -

ホリケイコさん天川村に引っ越し

なんとも羨ましい限りですが、ホリケイコさんがとうとう天川村にお引越しです。


都会から急転直下で天川村なのでそこそこの戸惑いもあるでしょう。

僕も、隠居できるならあそこに住みたい。
FF日記 | permalink | comments(0) | -

雪で撤退、天川2014年12月3日 AM7時気温0℃

 いつものようにPM10時出発、そしてAM0時過ぎに天川村川合付近(総合案内所)に到着。

道中の山越えで気温1℃になったが、天下村川合では3℃はある。ほぼ無風でむしろ穏やかにさえ感じる。

しかしながら、小雪がちらほら。このくらいならなんとかだろう。天気予報では明日は一応「晴れ」である。

とりあえず朝まで仮眠。で、一夜明けるとこの通り。

tenkawa_2014_12_3-2.jpg
↑川合付近の総合案内所。


でも道は大丈夫だ。雪の降るペースがゆっくりなために積もってはいない。AM7時の気温は0℃だから、日が昇ってすぐに溶けてしまうだろう。

昨夜そのままに、ほぼ無風で穏やか。なんとなく釣り日和でさえるような雰囲気。

そして実際のことろ漁協あたりまでは普通に走れた・・・

しかしながら問題はそこから先、釣りをする現場まであと1kmいや500m以降が雪と凍結である。現時点での積雪量は知れたものだが、この垂れ込めた灰色の雪雲がなんとも。

山はこれが厄介だ、天気予報などまったく関係ない現実。

漁協とも相談したが、本日は釣りを中止。こちらの車がノーマルタイヤであることも理由だが、とにかく天候が読めない。で、大事をとって撤退!

もしも天候、気温が許せば来週にも再挑戦。さもなくば、本年の釣り終了。

しかし、よくあるパターンだなコレ。

tenkawa2014_12_3.jpg
↑総合案内所の駐車場から見下ろす。
ここから数キロ先の管釣りエリアはもっと降っている。
FF日記 | permalink | comments(3) | -

ニジマス仕様エサフライ


egg2.jpg

まあ、こんな感じ。接着剤がはみ出しているけど。
これではたぶん耐久性は怪しいと思われます。接着方法に一工夫必要。
やはり、バグ用のワイドゲイプなフックが欲しいところ。
FF日記 | permalink | comments(1) | -

ニジマス御用達素材


egg.jpg

手芸店にて30個100円(税込)

他にもっとイクラカラーの物もあり。フックにチョン掛けで即戦力。ほとんどエサ。
他に、百均のモップが使えるという話あり。
FF日記 | permalink | comments(3) | -

今年もやってきたこの季節


2014kan-turi.jpg

本日自宅の郵便受けにこれが。

ああ、そうか、もうそんな季節なんだ。と、言うことは、本年の禁漁まであと2週間ほどではないか!

ダメだ、今年は行けない。また管釣りでほぼスタート、終了の予感。
FF日記 | permalink | comments(0) | -

logo-220-270.jpg