フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 仕事のツーソン入りで、うわ、暑! | main | セドナへの移動日ライセンス購入アヒルと遊ぶ >>

ツーソンの仕事最終日オービスショップに寄る

JUGEMテーマ:フライフィッシングオービスショップの正面
▲DRY CREEK OUTFITTERS オービスショプ

ツーソンでの仕事が終了し、ホテルへの帰りにオービスショップに寄る。

女達3人も入ると言ったが・・・・

「おまいらは来んでええ、車におれ、フライ用品なんて見ても何にもわからんぞ」
(神聖なるフライショップが所帯ジミるわ!)

絶対あかん。
Eric Loeffler
▲店長 Eric Loeffler http://www.drycreekoutfitters.net/

いやー、彼はHPにあったとおり本当に親切だ。つーかアメリカの何かの専門店ってすごい親切で一生懸命に解説してくれるって感じがあるな。

オービスなんで、一応お土産用にCFOのリールなんぞを購入しようと思っていた。

が、しかし!なんやおい!オービスの店がCFOのシリーズを切らしておるぞ!
(CFOは日本人だけの人気なんかな〜??)

しかたないから、別にあんまし欲しいとも思っていなかったバテンキルバーストックラージアーバーとかを・・・・まあオービスやし、実用的やし。お土産やし。

買い物全景
▲これらに加えること、女房が水を入れて持ち歩くというスキットル?を購入

すると、キャップが二つおまけで付いてきた(ひとつは店にとうとう入った女房分だな)。買うと$20ほどのもんだから、$40もおまけやなあ。(しかしオレはなぜか帽子をよくもらうなあ、この一年で3回目か?)

買い物全景
▲まあ現代的なラージアーバー これね、日本で買うと3万くらいだけど
 現地は安いよ。

ティペットスレッダー
▲これは例のアレ。欲しかったんや。現地価格で$9.95

rio ストライクインジケーター
▲これは日本であまりみかけないねじり棒式インジケーター。
短く切ってねじってラインに装着。しかし現地価格が高いな。$4.95もする。
日本では売れんやろね。

さて、明日は朝から一日ドライブ。たぶん500Kmほど北上してセドナへ向かいます。


FF日記 | permalink | comments(4) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

良い買い物ができたようですね。
ねじり棒はおもしろそうです。
ハックルも安いんじゃないでしょうか・・・。
ラージアーバの方が使いやすいと思います。CFO信仰は日本だけでしょう。
ならおう | 2009/02/06 12:13 AM
なさん

モノによるようですが、リールとハックルは6がけくらいで買えてしまってますね。

今回の買い物に「20/20 Magnetic tipet threader」という糸通しがありますが、これって20/20クラブというブランドというか組織がありまして、20/20が意味するのは「#20のフックで20インチのマスを釣ろう会」みたいなだったと思います。
Yujiro | 2009/02/06 1:37 PM
Magnetic tipet threaderはC&Fのスレッダよりも使いやすそうですか?
一応CF602を持ってるんですが・・・。
20/20 Clubはおもしろいですね。この考えはフライフィッシングならでは!ですね。
ならおう | 2009/02/06 10:22 PM
なさん

CF602は、あれはまあ「糸通し」ですんでまあ完璧です。

方や、Magnetic〜は何せもうフックのアイを見ることすらなく、ティペットを通してしまうというマカ不思議な代物です。本日#18までのフックに使いましたがアゼンとするほどすんなりです。

原理、構造を見るとまるで信じられませんが、やってみると不思議にティペットが通ってしまいます。これってもしや、FF史最高の発明かも知れません。

ただし、EHCのヘッド部がフックのアイにかぶさり過ぎ、といった場合にはしんどいです。それとガマカツ得意の横アイ構造も無理だと思います。
Yujiro | 2009/02/07 12:59 PM
コメントする









logo-220-270.jpg