フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 6月10日 雨のなごみ約一年ぶり | main | やっぱりでかいスティミュレ >>

なんでかスティミュレターを巻く夜

スティミュレイター

こんな毛鉤を巻いたとか投げたとか、これで釣ったという話はあまり聞かない、見ない。
夏の山岳渓流用。#4のラインで投げて腹をすかした大イワナがどよよーんと出てくれんかな。
しかしこのデザインで#12みたいな大きさの毛鉤だと小さい魚の口には入らん。小さい魚はパスだね。
タイイング | permalink | comments(1) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

まさにテレストリアルですね。さらに不沈系。チェルノもこの系統でしょう。
激流での尺狙いならでっかいフライはデフォでは?
それとマス類も鯉と同じくらい口を開けるので#12なら10cm程度でもくらってくると思います。
ならおう | 2009/06/15 10:14 PM
コメントする









logo-220-270.jpg