フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 明けましておめでとうございます 2011_1_3 キャス練 | main | DRY Refresh のキャップ小細工 細かい話 >>

ハックルケープをブリーチしてみるの巻 11_1_15

hakle.jpg


手付かずになっているブラウンのハックルケープがあった。

2年ほど前にアリゾナ州はツーソンのオービスショップでなんとなく購入した物。なんとなくブラウン系のハックルを使うことがなく月日がたっていた(つーか丸一年は釣りをお休みしてたし)。

他にブラウンのハックルはミニパックのような物でも持っていたし。

ブラウンばかり多量にあっても仕方なく、もっとクリーム系が欲しかったこともあってここでハックルケープの半分をブリーチをしてみた。

結果は上の画像の通り、うまく色が抜けたが実はもう少し白っぽくなって欲しかったところ。でもまあまあだ。タンかライトブラウンくらいにはなり、まっ茶色よりか使い手のあるカラーにはなっただろう。

さて、ブリーチ剤については注意が少し

実は始めに「むだ毛用脱色剤」を使ってみたがまったく無反応に色変化なし。「むだ毛用」とはすなわち腕とか足の産毛の濃さが気になるむきが使う脱色剤である。これはハックルケープにはまったく太刀打ちできない。失敗である。

ちなみに、試しに自分の腕の毛でも試したが、私の毛はハックル並みに脱色不能だったのが不思議。

次に、頭髪用の脱色剤(600円程度で入手可能)を使ってみたのが上の結果。

もしもご家庭の誰かが(ご自身を含め)髪の脱色をされるとき、それに便乗してハックルに脱色剤を塗ってもらえば実質無料です。

あ、逆パターンでハックルの脱色に娘が便乗ってこともありか。

今回使用の脱色剤はコレ↓

ここのブリーチ商品のプラチナブロンドで、これがたぶん最も色が抜けそうだった。
タイイング | permalink | comments(4) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

良い色になったようですね。
ならおう | 2011/01/15 10:08 PM
わたしは逆に白を金色に染めたいのですが、アメリカあたりにはブロンドになる白髪染めってないでしょうか?国内ではブリーチして金髪にするタイプばかりで、白いカーフテールを金色に染める染料がなくて困っています。
EJ | 2011/01/16 12:19 AM
EJさん

金髪→白髪の金髪毛染め剤、どーでしょうね?

ところでカーフテールは金色風になるのでしょうか?
出来上がった製品としては見た事ないですね。あの毛の感じからするとツヤやきらめきがありませんから金色輝き系のカラーは無理な感じも。

カーフテールって一時期は日本に入りにくかったようですが、今はもう回復している感じでしょうか。
Yujiro | 2011/01/16 1:06 AM
やっぱり無理ですかねぇ。人間の髪みたいには行かないでしょうか?
何本か持ってるうちの1本が、透明感があって、これをブロンドにしたらいろんなフライに使ってみたいなと思いつつ、すでに10年ぐらい経過してしまいました。
前回渡米した時に真剣に探せばよかったのですが。
日本でも白髪を金髪に染めるおばあさんたちが急増すればいいんですよね。
EJ | 2011/01/16 1:32 AM
コメントする









logo-220-270.jpg