フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今年もやってきたこの季節 | main | ニジマス御用達素材 >>

天川管理釣り場2014年10月1日



2014_10_1tenkawa.jpg


天川ニジマス管理釣り場考

さて、今年も天川管理釣り場オープン初日攻め。

ここ数年来、10月1日の管釣りオープンには顔を出しておりますが、平日にかかわらず、だんだんとお客さんが増える傾向にあり。それもどちらかと言えばルアーの人が多い感じ。それも箱池管釣りから天然河川デビューという雰囲気の人が多いように思えます。

途中で幾人かの釣り人と話した中に、管釣りシーズンにはリラックして釣りができるということがありました。

アマゴ解禁時にはルアー&フライと完全に競合する餌釣師がおり、それがおそろしく緊張関係にあってこの川での釣りが楽しくないという話題。話した彼はそれがあって年券を買うのを止めましたと。そうそう、僕も年券買いません。

実際のところ、僕もこのニジマス管釣りシーズンのこの川の釣りが好きです。リラックスできますもん。この管釣り時期の釣りを始めた当初は、「所詮管釣り」だからリラックスしていられると思っていましたがそうではありません。

「管理釣り場」というなら、アマゴや鮎の解禁時期だって実質的には所詮「放流型の管理釣り場」です。天然物などほぼ皆無でしょう。時期的に「釣ってもかまわない魚の種類が変わった」というだけなんです。

しかし10月1日から来年の春までこの川に餌釣師はいません。ですからやはり、ニジマス管釣りシーズンでは、どこか気心知れたというか、ルアー&フライとして一般的にキャッチ&リリースという釣り文化の元に魚を釣っている連中しかいないという安心感のようなものがあるのかも知れません。

この日の魚と戦術

午前8時 気温17℃

この時期、天川ではめぼしいハッチはありません。この日、コカゲロウのような虫は2回見ただけ。クロカワゲラを石の上に多数見ましたがハッチとは関係ない様子。で、ライズはほとんど見ません。

そして主たる相手は数日前、あるいは前日までペレットを食っていた魚ですから、ドライフライを食うにしてもどこか怪しく、捕食本能というよりも好奇心で浮きものに口を使うという感じに見えます。(アマゴだって放流したてはそうではないかと思える感触もあり)

朝一は適当なドライに出ていたニジマスも叩かれまくっているうちに沈黙。そうして沈め系に移行するわけですが、放流ニジマス向きであろうファンシー系のフライの場合、それを見たニジマスは慌てて逃げ去ります。光り物や赤金の色使いはダメ。どうもルアーでスレまくった感じ。

そこで、沈め系フライを天然餌に似せたヘアズイヤーのような物に変えると簡単にヒットを取れるようになりました。(つーか、もしかしてヘアズイヤーはペレットに近いかも)

さて、そのヘアズイヤーでちょこちょことサイトでも魚が釣れ、退屈なのであまり期待もしないままにドライに切り替え。数種を試すうち、半沈み系が良いことを発見。するとニジマスではなさげなバイト発生。もしやこれは居残りの・・・

そうでした!良型のイワナ。もうちょいで尺に届くかというくらい。そして同じエリアで、目を凝らすとどうやらもう一匹。

半ばサイトでイワナを狙う。がフライのアイの結び目でブレイク。惜しい。と言うよりも彼の口から早期に鈎がはずれることを願うばかり。

ラインブレイクとドライ・シェイク考

私はドライフライの場合その結び方はほぼフリーノットです。ところが、このノットはもしかするとTMCのシマザキ・ドライ・シェイクと相性が悪いと感じています。

と言うのは、切れるんです、ドライフライのアイのノットが。正確に書けば、ノットそれ自体が切れるのではなく、フリーに動くティペットの「輪」がフックのアイと当たる部分で破断するのです。結び目それ自体が切れていることはありません。

同じノットで他のフロータント、ギンク(シリコン?)やドブ漬け系(フッ素)の液体物ではこの現象は起こりません。

思いますに、あのドライ・シェイクはちょっとロジン(松ヤニ)っぽい硬質な粘着性があるでしょ。これがノットのループ破断に一役買ってはいないかと。キャストを繰り返し、魚を掛け、そして魚が走る。そんな状態ですから松ヤニを塗った金属にナイロンをこすり合わせれば、そりゃ切れるだろ、と思えるのです。逆にシリコンやらフッ素系では滑りますわ。

これはどうも、感じや憶測でなくて多分、すでに実証的にドライ・シェイクとフリーノットは相性が悪いと出ていそうな段階に来ています。(ドライ・シェイク・スプレーも同じです)

それと、影響があるとすれば天川の水質かなあ。

どうしたもんでしょう?

同じような経験の方がいるだろうか?

参考までに、ユニノットとかクリンチノットのような締め込みタイプのノットはドライ・シェイクの影響は受けにくいですが、それはそれで別用件で破断する理由を持っています。まあいずにしてもどこかで妥協しなきゃならんのですが。
釣行記 | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









logo-220-270.jpg