フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ニジマス仕様エサフライ | main | 恒例・戦利品報告Quechuaのフリースジャケット他 >>

天川管理釣り場2014年11月5日


tenkawa_2014_11_5_4.jpg

天川村は夜明けの気温で4℃とさすがに涼しくなっております。それでも日中の水温はまだ10℃前後、気温で15℃を上回りそう。釣りとしてはかなり快適。魚も元気だ。月の形もかなりよし。

月といえば本日5日の月は「後の十三夜」といって暦上大変珍しいそうだ。前回は171年前。次回は2109年らしい。

そしてその「後の十三夜」の日。不思議なことが起こった。

マグネットリリーサーの怪

みなさんの中にはランディングネットをベストの背中に装着するのにマグネットリリーサーをお使いの方も少なくないでしょう。

split1.jpg

この画像はネットをリリースした状態。大きめなスプリットリングにマグネットの片割れが残っています。

もう一方のマグネットがネット側に装着されているという仕組み。磁力でネットの付け外しが自由というやつです。

ところが、本日このマグネットリリーサー仕掛けのネットを一度は失くしてしまいました。もちろん、流れ止めのハーネスをつけていますが、それもきれいにはずれて・・・(最終的には発見して釣りを続行はしましたが)

ところがです、本題はここから・・・

さて、その失くなったネットですが、マグネットの外れ方が異様。以下の画像の通りです。

split2.jpg

なにせあのけっこう硬い大きなスプリットリングからマグネット部がすり抜けております!

これって意識的に外そうと思ってもちょっとの要領と労力、数秒であっても時間がかかります。

これは??何が??どうなると、こうなる??

普段、背中のネットを木の枝などに引っ掛けたときにはマグネットの磁力の限界を越えれば素直に分離するでしょ。そうしてハーネスが突っ張って気づくという段取りですよ。

しかし、本日は何かに引っ掛けた実感がないまま、そして不思議なスプリットリング残り。


どんな偶然が働くとこういう分離ができるのか??

リングだけになったベストの背中をじっと見て、3秒ほど固まりました。

まあとにかく探しに行き、そこから50mほどの下手の入渓ポイントにネットを発見。二分割のマグネット部分はくっついて、ハーネスもネット側に残っております。

net1.jpg

偶然の産物としてこれが起こるだろうか??

家に戻って超能力女房に尋ねました。

まずはネットやマグネットのことには触れず「なあ、このベストを見て何か不思議なことはないか?」僕はそう言いながらベストの裏表を女房に見せました。

女房「ベストの裏側に光が斜めに走ってる」
僕「それは良いものか悪いものか?」
女房「良いもの。何があったん?」
僕「ネットが外れて、しかしその外れ方が信じられない」

そしてこのスプリットリングの怪について説明する。そしてハーネスまでもが完全に無抵抗にはずれたことも。

女房「それはたぶん足止め。ネットを探すために戻ったんやろ」
僕「それにしたって普通にマグネットやハーネスが外れるだけでエエと思わんか」
女房「いやいや、不思議な外れ方のためにちょっとはそこにとどまって考えたんと違うん?」
僕「確かにちょっとは考えた」
女房「とにかくそのまま登るのを止めたみたいや」

いやはや、不思議な話だ。

ネットが無くならずにそのまま釣り登っていたら何があったのか?それはわからない。


釣り自体のこと

午前はニンフやエッグを沈めて、午後になるとカゲロウ系のハッチもありでドライのみで釣り。

tenkawa2014_11_5_2.jpg

しかし出るが乗らずの連発。それでも出れば乗るようなニジマスがいる場所を見つけると、バンバン釣れる。魚のフライに対する単なる好奇心でなく、死活問題として「食う」、そんな魚は出れば乗るようだ。

ニジマスは大概アマゴほどには流れが得意でなさげだが、時として激流に潜むものがいる。これは引きが強い。ルアーマンもフライマンも狙わない、そんな激流に潜む魚がいる。この種の魚は、インジケーターが沈んでしまうほど水が逆巻いているような場所にいる。

tenkawa2014_1_5_3.jpg

そんな魚は2mくらいの水深をものともせず、ほとんど垂直上昇してドライフライを襲う。

夕刻になり、浅いトロ場。ほとんどプールだが良い底石が入っている場所。ちょっと風流に繊細なフライに繊細に出るニジマスが数本。これは風情があった。

tenkawa2014_11_5.jpg

釣行記 | permalink | comments(2) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

スプリットリングは不思議ですね。
いい釣りをされたようで羨ましいです。
ならおう | 2014/11/06 6:17 AM
このスプリットリングすり抜け、変でしょ。

また、超能力女房でなく、超能力娘曰く、天川から帰った私の腰の周りに白蛇がぐるっと巻きついていると。

で、超能力女房によるとそれは「良いこと」の方らしいですけど。

ちなみに、その蛇はかなり陽気なそうです。陽気なヘビってどんなんや。
Yujiro | 2014/11/07 3:07 PM
コメントする









logo-220-270.jpg