フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< フライラインDT#3インプレ(その1)驚き価格 | main | 天川釣行&カーボン7'6"#3ロッド実釣レビュー >>

フライライン(ボビンなし)をリールに巻く方法

 JUGEMテーマ:フライフィッシング

フライショップにしきたトレーディングさん扱いの実用激安フライラインについて追記です。

ショップページにありますユーザーレビューの中に「ラインをほどいてリールに巻くときに絡まって」という記述がありました。

たぶん、このフライラインがボビンなしであるためにリールへの巻き取りに手間取った可能性ありと思われます。

確かにボビンなしのフライラインの扱いについてはちょっと工夫しないとリールへの巻き取りで絡みやすいかもしれないですね。

line_img1.jpg

そこで今回の記事では少しでもこの絡まりを防止する策を記します。初心者の方でフライラインの扱い経験が少ない方向けの記事になります。
 ■余ったボビンがあったら活用しよう
-----------------------------------------

もしも「ラインワインダー」という便利な道具をお持ちなら、にしきたトレーディングさんのフライラインを束の状態そのままでワインダーにかけ、リールで巻きとればよしですよね。

しかしラインワインダーを持っていなくても、古いボビンがあればリールへの巻き取りがちょっとは楽になります。

lin_bobin2.jpg
▲以前購入したラインのボビン。余り物をパカっと開いた状態。

その方法は簡単。古いボビンにこのフライラインを入れちゃうだけ。フライライン用のボビンは必ず二分割できますから、カパっとボビンを開いて束になったラインをのせて元に戻します。ラインが芯の部分にしっかり巻きついている必要はありません。

それからボビンのセンター穴にボールペンなど差し込み、ボールペン両端を誰かに持ってもらうか、自分の足で支えつつ、ラインをリールに巻き取りましょう。

line_bobin_on.jpg
▲すでに少しラインがはみ出していますが問題ありません。

ま、これで完全にスムースに巻き取れるとは限りませんが、ひどいライン絡みは解消するはずです。ときおりはライン絡みは発生するかもしれませんが、その都度さばいて先に進みます。

■余ったボビンがないとき
-----------------------------------

このフライラインの束が楽にはまる程度のボトルのような円筒があればOK。その円筒にラインをはめ込み、スルスルとラインを引っ張って解けるならそのままリールに巻けますよ。芯にする円筒は細すぎず、太すぎずが吉です。ボトルが回転する必要はありません。

この方法も完全とは言えませんが、余計なライン絡みはかなり解消されるはず。

■してはいけない方法
-----------------------------------

束になったラインをスピニングリールから糸が出るような形(固定スプール形式)でフライリールに巻き取らないこと。これをやってはいけません。

これをすると、ラインひと巻きを取り出すごとに一回転分のヨレが発生します。ヨレ自体がラインにとって良くないですが、ヨレのせいで絡みまくりますよ。

このような輪になった束の状態からラインをほどくには、上記のようにボビンに装着、円筒を使うなどして必ず回転させてください。

以上、ボビンなしのフライラインの扱いについてでした。

フライショップにしきたトレーディングさんでは実用的なフライラインを驚きの価格で販売中です。バナーのリンク先で価格をご確認ください。また使用後のレビュー投稿でおまけをもらえますよ。

origin.jpg


タックルノウハウ | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









logo-220-270.jpg