フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< Mr. Good Flyboxを求めて・その6(にしきたトレーディングさん) | main | にしきたトレーディングさん「ラインストレーナー&クリーナー」レビュー >>

にしきたトレーディング「インジケーター」レビュー

nishikita-indica-review - 4.jpg
にしきたトレーディングさんの「使い切り貼り付けタイプのインジケーター」机上レビューです。
丸型のフォームタイプ。1シート12個付き×2=24個セットです。ティペットを挟み込んで貼り合わせます。円形の直径で10mmです。
さてさて、見た目には小さいように思いますが、浮力など実験しましたので以下にリポートいたします。

 約0.4gのニンフ(MSC)を浮かせてみるとこの通り。#14のフックにタングステンの小さめのビーズヘッドです。渓流域でアマゴ、イワナ狙いであれば一般的な重さでしょう。

nishikita-indica-review - 3.jpg
0.4gのニンフでインジケーターのほとんどが没しつつも十分に浮いています。見た目より高浮力かもしれません。
他に03gのブラス製ビーズヘッドのニンフではインジケーターの7割が没する感じ。
TIEMCOのストライクディテクターIIなどのロールタイプと比べて厚みがある分、小さめでも比較的に浮く方かもしれません。
nishikita-indica-review - 1.jpg
▲寄ってみるとけっこう厚く頑丈そうである。
ティペットを挟んで折り曲げて貼り合わせるため、粘着面どうしの接着になり、ロールタイプよりもしっかり止まる感じです。
以上のことからこのインジケーターは浮力、接着耐久としてはアマゴ、イワナの一般渓流として一個の装着で実用域と思われます。さらに高浮力を望むなら二個連でしょうか。
ただし、断面の色がフォーム材そのままの「白」ですので視認性としてはどうでしょう。またオレンジの色がTIEMCOのロールタイプのような蛍光色でなく、普通にオレンジです。
nishikita-indica-review - 5.jpg
▲TIEMCOのストライクディテクターII 使いかけです。(蛍光の雰囲気は写らず)
上のTIEMCO製の物は薄くヘニャヘニャしていて夏場は特に柔らかすぎな感じ。それに対してにしきたさんのはそこそこにしっかり感あり。
さてさて、にしきたトレーディングさんのインジケーターはオレンジとグリーンの二種類が用意されています。激安といったほどの価格とは思いませんが、他の品物と抱き合わせで買っておくには不足なしです。以下の販売サイトより内容をご確認ください。
「インジケーター フライ用 24個セット インディケーター使い切り貼り付けタイプ」
origin.jpg
小物記事 | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









logo-220-270.jpg