フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 竹製フライボックスの紹介(にしきたトレーディングさん) | main | フォームインジケーター&タングステンウエイトのレビュー >>

ランディングネット(クレモナ糸)のインプレ(にしきたトレーディングさん)


にしきたトレーディングさんの天然木ランディングネットを紹介。

クレモナ糸を使ったランディングネットです。

■枠サイズ:約24×約19cm ※最長部 (これはネット部内径)
■全長:約40cm
■重さ:108g

ランディングネットのクローズアップ1

サイズとして小渓流のヤマメ、アマゴ、イワナ釣りに向いています。

良い仕上がりのランディングネットです。私は他に用途別に4本のネットを持っていますが、この商品は最も高級な仕上がり。塗装は多分ウレタンでしょうか、ツヤがあって硬質な雰囲気。なかなか味わいのある木目が出ていますね。

これが!税込み¥4,515円 かなりお買い得と思われます。同等な仕上がりだともっとするのが普通。(一万円と言われても仕方ない雰囲気)

ランディングネットのクローズアップ2

付属品のヒートンストラップ

製品には親切にもゴムコードのヒートンストラップが付いてます。

商品の全体像の綺麗な画像はにしきトレーディングさんのサイトでご確認ください。

ただし、ルアー&フライフィッシングでよく見る背中へのネット装着では、添付されるゴムコードでは短く硬いと思われます。

そこで他の長めなカールコードなどを調達しますが、私の場合はこれを百均で入手しています。ホームセンターの工具コーナーなどでも見かけますが、同じような品物が百均にある可能性が高いです。

添付のゴムコードとカールコード
▲画像上は百均で入手のヒートン付きカールコード。下、このネットに付属するゴムコード

持ち手(柄)のデザイン

ところでラディングネットなどどれでも同じような使用感ではないかと思えますが、「持ち手部分」のデザインが異なることで扱いやすさに差が出ます。

ランディングネットの比較画像
▲上の画像手前の方は以前から使っていたネット。奥がにしきたトレーディングさんのネット。

この両者を比べますと、圧倒勝利でにしきたさんのネットが持ちやすいです。手前の物は造形的に美しくもありますが、どうしても手からすっぽ抜けるような雰囲気。素直なデザインの方が実用性高げです。

また、手前の物の表面仕上げはつや消しですが、にしきたさんのは普通にツヤツヤ。手にしっかりフィットするのはにしきたさんのツヤツヤの方ですね。

さて、百聞は一見にしかず。このネットによって実釣をしてきましたので写真映りとして以下に画像で紹介しましょう。

アマゴとランディングネット3
魚は小さい・・・

アマゴとランディングネット2
これも小さい・・・

イワナとランディングネット1
おお!久々のイワナ・・・

アマゴとランディングネット1
・・・これも小さいが・・・ネット自体は絵になっていると・・・

さて、このネットが 税込み¥4,515円 文句ないです。小渓流にオススメのクレモナ糸ランディングネットです。

にしきたトレーディングさんの商品ページで詳細をご確認ください。
 

origin.jpg
 
なお、本製品を使った実際の釣行記はこちら(2016年6月8日 奈良県天川)。
フライタックルレビュー | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









logo-220-270.jpg