フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< オールシーズンフライセットA・にしきたトレーディングさん | main | ウッドフライケース新製品(river peak) >>

フォーセップ&ミニリール型キーホルダー(にしきたトレーディングさん)

JUGEMテーマ:フライフィッシング

フライフィッシングの必需品フォーセップ

フォーセップは魚に飲まれたフライを取り外すとき、そして沈めるフライではティペットにガン玉をセットするときのプライヤー代わりに使います。

一般渓流の釣りでヤマメ、アマゴ、イワナを釣るときには大きくて30cm程度の魚が対象ですから、フォーセップは小さくて良いでしょう。ちなみに、私が渓流で使っているフォーセップは全長約4インチ、10cm程度の物。

フォーセップ3

ベストに付けるとこんな感じ。Simmsのベストにはフォーセップを挟み込むのにちょうど良い突起がある。(実際には内部につけて邪魔にならないようにしている。)

フォーセップ1

▲左:私が渓流で使っているサイズ4インチ

 右:にしきたトレーディングさん5インチ

ところで、管理釣り場や北海道、本州でも湖での釣りでは50cmアップのような大型魚も対象に入ってきます。

そうなると使うフライもフックが大きく太くなり、魚の大きさに比例して口の周りも分厚く硬くなります。このような魚を扱う現場では、私が渓流で使うような小さなフォーセップでなく、もう少し大型で頑丈な物が求められるでしょう。

このようなとき、にしきたトレーディングさんのフォーセップ、5インチをお勧めいたします。この商品は仕上がりよく、頑丈そうですよ。

フォーセップ2

▲このようなカールコードをつけて紛失防止。これは各種タイプを百均で入手可能。手元から60cmくらいは伸びるのでフックはずしに無理はありません。

現場での使用に際しては、カールコードなどを使い、フォーセップをうっかり水没とか置き忘れしないよう工夫することをお勧めします。

このフォーセップをにしきたトレーディングさんのページでご確認ください。これは多分、安いですね!

ミニリール型キーホルダー

このキーホルダーはフライリール型をしており、ノブを回せばスプールがちゃんと回転します。そしてこの回転が意外にスムース。結構精巧にできております。

キーホルダー1

そこで、せっかくスプールが回転するわけですから、これを何かに利用できないかとちょっと考えました。

これは水温計の置き忘れ防止になるのではないかと。

いつもはこのC&Fの水温計(兼、不要ティペット巻&マグネット)は小さいカールカールコードを介してベストのポケット等にクリップ止めをしていました。で、水温を計るときはクリップを外して体から離すため、置き忘れることしばし。水温を計るために水につけたまま3回置き忘れ、2回は回収し3回目にとうとう発見できず・・・

水温計

そこで、もうこれは「ヒモ」を使うしかなかろうと・・・

このミニリールに20libのバッキングラインを巻くと、なんと4mほどのキャパがあることがわかりました。

キーホルダー2

▲実際にバッキングラインを巻いてみる。

ならばとこの水温計をリールに収めたバッキングラインに結びつけることにいたしましょう。4m先に置けるので不自由はなし。使用後は巻き取ってポケットに戻します。

水温計とキーホルダー

ただし、いかんせん、リールが小さいですから巻き取りは少し面倒ではあります。

それから思いますに、釣りに行くときに持つ小物がやたらに多いですよね。大事な品物にはこのキーホルダーのように目立って多少の重みのあるものを付けておくのは方法です。特に黒いバッグの中に黒い何かを入れると、夕暮れ時には探しにくくて・・・

このミニリール型キーホルダーをにしきたトレーディングさのページより、商品をご確認ください。

 

origin.jpg

小物記事 | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









logo-220-270.jpg