フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 久々のフライフィッシング天川管理釣り場2017年10月3日 | main |

多機能フォーセップのレビュー(river Peak)

JUGEMテーマ:フライフィッシング

フォーセップはフライフィッシングにほとんど欠かせず、必ず持っていたいアイテムのひとつ。

多機能フォーセップ全体

一般的なフォーセップの役割として・・・

1)飲まれたフックを外す
2)ガンダマをつぶす

の二点があります。特に1)の飲まれたフックを外すのは、たとえバーブレスフックであっても飲まれてしまえばフォーセップなしにはどうしようもないこともあり。そして今回紹介のフォーセップは上記二点以外に多機能。

ガンダマをつぶすフォーセップ

まず上の画像、いわゆるガンダマ(かみつぶし重り)です。沈めるフライにもっとウエイトを足したいときにはティペット部にこのウエイトを装着。管釣りや流れのある場所でウエイトをコントロールしたいときに。フォーセップで挟んで装着します。

次に、この新商品のフォーセップの特徴でもあるニードル部の用途として、普通にはフックのアイの目詰まりを取ることはもちろん、つぶしたガンダマを開くのにも使えます。下の画像の通り、これがあるフォーセップは他にないかもです。

ガンダマを開くフォーセップ

また、フックのバーブをつぶしてフックのバーブレス化をすることにも使えます。(管釣りのレギュレーションでバーブレスフックの使用が必要なことあり)

さて、今回紹介する多機能なフォーセップは単に物を挟むにとどまらず、シザースとして使えるように工夫されています。

フォーセップ・シザース部

シザースに関しては画像の通りに細かい「ギザギザ」があり、切りたい物を滑らないように捕まえることができます。

フライフィッシングにおいてはリーダー&ラインの接続においてラインのチップ部を少し切り落としたいとき、太いリーダーのバット部を切断したいときには重宝するでしょう。また7X〜といったような細いティペットすらも滑ることなくすんなりとカットすることができます。

他、後端部分についているマイナスドライバー部はここぞというときに何なりと使えることになるでしょう。何かのキャップが開かないとか、リールのパーツが緩んだとか、そういったときにこのフォーセップが手元にあると便利でしょう。

以上の通り、このフォーセップは多機能にできています。フライフィッシングをする人は必ず一本は持っていたいアイテムです。

また、シザースなどの用途からフライフィッシング以外でも便利に使えそうに思えます。

なかなかイカしたデザイン。良い仕上がりをしています。

このフォーセップの全長サイズは5.5インチ(約14cm)。小渓流では多少オーバースペックかも知れませんが、北海道、管釣りなどの大型魚を扱うにはちょうど良い大きさ。にしきたトレーディングさんから販売中です。にしきたトレーディングさんの販売ページより詳しい情報を見てください。

origin.jpg

 

FF日記 | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









logo-220-270.jpg