フライフィッシング備忘録

時々シングル・アンダーハンドキャスティング探検隊 Flyfishing Notebook
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< フライフィッシング最近の話題 | main |

ティペットソーターのレヴュー(river peak)

JUGEMテーマ:フライフィッシング

river peak のにしきたトレーディングさんの新製品。

今回はフライフィッシング用にかなりな小物。ですがあるようでなかった便利グッズ。

「ティペットソーター」です。

 

これだけ見るとなんだかわかりにくいですが・・・

ティペットソーター

こんな感じでして・・・これを・・・

ティペットソーター

こうすると意味がお分かりかと。

スプールに取り付ければティペットの取り出しが楽になる。ティペットがスプールからバラけずに始末が良い。

とは言ってもフライ用のティペットのスプールは大概なんらかの糸のバラけ留めがついているのが普通。

それでもとにかく、何らかのスプールにある糸のバラけ留めになると同時に、適度なテンションを伴って糸の取り出しがそのまま行えるというもの。

ただし、の製品のライン取り出し口になる「パイプ」の直径は6mmほど。よってスプールの溝も6mm以上は欲しいところ。

さもないと、以下の通りの状況になり、糸留めにはなってもスムースな取り出しは不能です。

ティペットソーター

ちなみに、このスプールは「FUJINO」だったと思う。

しかし、とにかくゴム輪にパイプがついているわけだから様々な応用はできる。

例えば、ラインを巻いたままのリール。ラインやティペットの先端をこのティペットソーターで確保しておくと何かと楽。

リールとティペットソーター

こうしておくことでうっかりな巻き込みを防ぎます。ティペットを巻き込んだあと、取り出し方を間違うとハーフヒッチに結べてしまったような状況になりますから・・・

ティペットを便利に取り出すグッズあれこれ

ところで、現場ではティペットをどうやって持つのか、少し深掘りしてみよう。

SIMMSのベストには左右の胸ポケットにティペット専用と思しき物入れあり。

 

SIMMSのティペット用ポケット

ここにティペットのスプールを入れ・・・

チャックは引き下ろし式なので少し隙間を開けた最終端からティペットの先端を出しておく。

SIMMSのティペット用ポケット

ティペットの取り出しが必要になったら出してある先端をつまんでスーッと引き出すだけ。

このポケットは左右にあるので、これらだけで2種類のティペットを簡単に取り出せる状態でスタンバイさせておくことができる。

これ、SIMMSの究極的アイディアと思われます。ティペットを引っ張り出してカットする以外のアクションは全く不要。

他、一般的にはいくつかのスプールのセンター穴に紐や棒を通してまとめておくという方式。

そして最終兵器としては以下のC&Fのティペットティスペンサーだろう。

C&Fティペットディスペンサー

これはティペットが売られているときのスプールから巻き替える必要はあるが、これ一個で最高6種類のティペットをストックできる。本体上部にカッターがあるのでティペットを取り出してまんますぐカット。

私の場合、ティペットの多くは100m売りのルアー用ラインを使っており、これらを小出しにしてこのディスペンサーに移して使っている。

だだね、この製品はええ値段してますぜ。

さて、今回の記事は river peak のティペットソーターから派生したティペットその他の話題。このティペットソーターは4つ入りで税込411円。ちょっとしたアイディア商品でティペットのラバけ留め以外でも色々と使えそうに思えます。

リーズナブルな価格設定ですので、他の商品と合わせてご注文されてはいかがでしょうか?

 

origin.jpg

フライタックルレビュー | permalink | comments(0) | -

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









logo-220-270.jpg